こどもたちのぶどう摘み テヌータデッレテッレネーレにて

先日、テヌータ デッレ テッレ ネーレのマルコが、
こどもたちがぶどう摘みを体験できるように、
畑の一部を開放してくれた。

朝からハサミを持ってブドウを摘み、
大きなバケツに入れて、足でフミフミ。
マルコも楽しそうに参加。
c0147214_18551869.jpg
子どもたちを連れて来て参加したフランク・コーネリッセンと乾杯。
c0147214_18551893.jpg
子どもたちのためのワイン作りの日だ、ということで、
この日はレ ヴィニェ ディ エリ、という
マルコの娘のエレナが毎年ラベルを描くワインばかりを頂いた。

c0147214_18551819.jpg
エレナがラベルを描くようになって、今年でちょうど10年。

c0147214_18551717.jpg
最初のラベルはこれ。
エレナが2歳のときの作品(笑)。
いい味出してます。

c0147214_18551769.jpg
c0147214_18551731.jpg
総勢40人くらい?
大いに飲み、食べ、楽しみました。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-10-19 19:01 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

暖炉 in シチリア

ダンナの長年の夢だった、家の中の暖炉。
今日初めて火をつけました。

c0147214_05090682.jpg

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-10-08 05:10 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

ブドウの収穫 & ワイン作り その2

9月の初め、ピエーディモンテという町でブドウの収穫のお手伝いに行ってきた。

c0147214_17174397.jpg
c0147214_17174374.jpg
ランダッツォよりも標高が低いので、収穫の時期も早め。
ここでは白ブドウしかないので、
収穫後すぐに粉砕圧搾。

c0147214_17174395.jpg
大きなバケツにブドウを入れて、子どもたちが足でフミフミ。

フミフミした後はすぐさま圧搾。
c0147214_17221876.jpg
絞ったブドウジュースはそのままビンに入れる。
c0147214_17221803.jpg
このブドウの収穫の3週間後の昨日、
オリを取り除くため、酸素を取り込むために、ビンの入れ替えをした。

c0147214_17174220.jpg
濾すのではなく、ビンの上澄みを別のビンに移し入れる。

c0147214_17174244.jpg
写真ではわかりにくいけれど、
元のビンの底にはたくさんのオリが。

この作業はもう少し寒くなってから、もう1度行うらしい。
美味しいワインを作るためには、収穫後にもいろいろとケアが必要なのねー。



[PR]

# by zenzero1022 | 2017-10-02 17:26 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

ブドウの収穫 & ワイン作り

今年もブドウの収穫の季節がやってきました。

先日友人の畑での収穫に参加。
c0147214_17503374.jpg
パレルモやカターニアからも友人がかけつけた。

c0147214_17503327.jpg
最初に白ブドウだけを摘んでしまい、先に踏み潰してしまった後、
赤いブドウにとりかかる。

c0147214_17503581.jpg
朝に収穫を終え、お昼休み。
みんなお腹ペコペコ。食べまくるぞー。

c0147214_17503584.jpg
腹ごしらえした後は、ギターやリコーダーなどの音楽に合わせながら、
ブドウを足でフミフミ。
大人も子どももみんな楽しそう。

こうやってみんなで楽しく作ったワインが美味しくない訳がない。
今年初めてのワインは11月11日のサンマルティーノの日に試すのが慣習。
後1ヶ月半ほど、楽しみに待ちましょう。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-09-29 17:55 | Comments(0)  

羽田発パリ行き エールフランス深夜便

最終日、東京ディズニーランドで夕方6時半過ぎまで遊んで、
(残念ながら夜のパレードは見ることができなかった…。)
ディズニーランドから羽田空港行きのリムジンバス19時発。

バス乗り場に係のお姉さんがいて、バスに乗る前に切符を購入。
大人830円、子ども420円。
乗り換えせずに羽田空港まで行ってくれるので、ラク。

実家から空港宅配便で送っておいたスーツケースを受け取り、
スマホでウェブチェックインしていたので、
空港のチェックインカウンター横にあった機械で
航空券を印刷。
さっさと荷物を預けて身軽になる。

羽田22時55分発パリ行き。
飛行機はほぼ満席。

c0147214_18441788.jpg
機内食。
私は和風の鶏肉をチョイス。
c0147214_18441767.jpg

子どもたちのチャイルドミールはこんな感じ。
c0147214_18441670.jpg

しかし、飛行機に乗ってすぐ寝てしまうかも、と
空港で夕食を済ませていたので、ほとんど食べなかった…。

私の思惑通り、東京ディズニーランドで遊びまくって疲れていた子どもたちはすぐに爆睡。
12時間の長いフライトのほとんどを寝て過ごしてくれた。

機内食朝食。
c0147214_18441621.jpg
とにかくパンが美味しかったなあ。

パリに到着したのは早朝4時過ぎ。
乗り継ぎの前のパスポートコントロールが、
早朝で係員がおらず閉まっていたため、
一度外に出て、入りなおさなければならなかった。
まあ、時間はたっぷりあるから構わないけれど。

ローマ行きの飛行機乗り換えまで約3時間ほどあったのだが、
搭乗口にプレイステーションが置いてあり、
子どもたちは早朝からゲームで興奮。
いい時間つぶしとなった。
c0147214_18441622.jpg

今回深夜便を選んだのは、子どもたちに飛行機内で寝てもらうため。
普通ならば、昼1時位の出発となり、
ヨーロッパに到着するまでほとんど寝てくれないのだが、
今回はバッチリ。
昼2時くらいには自宅に到着し、ゆっくり荷物の整理も出来たし、
時差ボケもいつもに比べてマシだったように思う。

しかし、私の様にヨーロッパに在住で、
ヨーロッパに到着して家に帰るだけなら深夜便はいいと思うのだけれど、
観光客で、着いたその日から行動に移す、となると、どうだろうかと思う。

パリに4時半という早朝に到着するので、
そこから乗り換えで別の町に飛ぶ人ならまだしも、
パリから観光を始める人にとれば、空港から市内に移動するのもちょっと大変かも。

私たちにとっては、
日本最終日、飛行機に乗る前にもほとんど丸一日ディズニーランドで遊べたし、
飛行機の中では寝てくれたし(私はほとんど寝てないけれど(笑))
いいことづくしだった。

ただねー、東京までの交通費、時間が余計にかかるのがネックだなあ。
今回はディズニーシーに行く、という目的があったから、
わざわざ東京まで行ったけれど、
来年は多分ディズニーランド&シーには行かないと思うので
(3年連続で行ったからもういいでしょう…?)
(やっぱりお金かかるんだよね←本音)
次回は素直に関空から出発かなあ。

それにしてもアリタリアの関空便、復活してくれないかなあ。
日本からヨーロッパに着いて、その後2回飛行機に乗るのは、やっぱりツライ…。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-09-27 19:01 | 日本に一時帰国 | Comments(0)