ネスプレッソとムンジェベル

先日私の誕生日に、自分でプレゼント(笑)。
c0147214_16464863.jpg
ネスプレッソ~~~。

去年、日本に住むいとこの家でドルチェグストのコーヒーを頂いて、
とても美味しかったので、
ドルチェグストかネスプレッソかでかなり悩んだのだけれど、
ダンナも飲むので、やっぱりエスプレッソコーヒーが美味しい方がいいかと思い、
ネスプレッソを購入。

c0147214_16464860.jpg
コーヒーのカプセルは全部で24種類あるらしいのだが、
一緒に入っていたのは、16種類のコーヒー。
おー、どれ飲もうかなー。

c0147214_16464852.jpg
結局最初の1杯は下の段の左から2番めの茶色いの。
リヴァント、という種類。

泡もいい感じ。
美味しく頂きました。

夕方にはフランクが遊びに来てくれて
ムンジェベルで乾杯。
c0147214_16464887.jpg
美味しいコーヒーと美味しいワインで幸せな気分。
最後は友人たちとピザ。
c0147214_16464806.jpg
今日は料理もせずラクさせてもらいました。

昭和46年生まれの46歳ですよ。
ま、いくつになっても誕生日は嬉しいな、ということで。


[PR]

# by zenzero1022 | 2017-05-17 16:54 | 日記 | Comments(0)  

復活祭後の月曜日 パスクエッタ

復活祭の後の月曜日はパスクエッタと呼ばれ、
ピクニック、と言うか野外で友だちや親戚と大勢で食事をするのが習わし。

私たちも友だちと集まって飲めや食えやの大騒ぎ。
c0147214_17451504.jpg
この日は幸いとても良い天気で、
日中は上着を着ていたら汗ばむくらいだった。

この日は何リットルワインを消費したかわからないが、
こんな水差しを発見。
c0147214_17451522.jpg
「禁止することを禁止する。」
イラストもなんだかシュールでかわいい。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-04-23 17:46 | Comments(0)  

復活祭のお菓子 クッルーラ

クリスマスにはパネットーネ、
復活祭にはコロンバ。

それ以外にも復活祭に食べるのはクッルーラ。
今年は義妹と息子たちが一緒に手作り。
c0147214_17393743.jpg
平和の象徴ハトや、ハート(シャレではない)に型どった生地に、
ゆで卵をドッキング。

c0147214_17393714.jpg
オーブンで焼くといい感じに膨らんでいる。

お味の方は、ほのかに甘くて、
クッキーというよりパンみたいな感じ。
復活祭後には、朝食の定番にもなる。
エスプレッソコーヒーと一緒に食べるとおいしい。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-04-23 17:43 | 食事 | Comments(0)  

復活祭 2017

復活祭、イースター、イタリア語ではパスクワ。
移動祝日で、2017年は4月16日。
春分の日の後に来る満月の日の後に来る日曜日、
と決められていて、
起こりうる一番遅い日は4月25日なので、今年は結構遅めの復活祭となる。

東京ディズニーランドでもイースターのイヴェントがあったりして、
日本でもイースターの名前も大分メジャーになってきたかもしれないが、
それでも復活祭がキリスト教最重要の祭だということはあまり知られていないかもしれない。

この日は子どもたちにとっても大事なお祭り。
というのも、この日にはチョコレートのイースターエッグがもらえるから。
c0147214_16525724.jpg
私個人的にはぜーったい買わないのだが、
それでも親戚などからもらって、息子たちも7個ずつゲット。
チョコレートの卵の中からはおもちゃなどが入っていて、
はっきり言ってチョコレートよりも、中のおもちゃが目当てなのだが、
大したものは入ってない(笑)。

大量のチョコレートは、地道に消費するか、
溶かしてチョコレートケーキを作るか…。

それでなくてもこの時期、ごちそう続きで軽く2キロくらい体重が増えるのに、
頭が痛い。
ダイエットしなくちゃ。


[PR]

# by zenzero1022 | 2017-04-18 17:00 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

聖金曜日

聖金曜日は復活祭前の金曜日。
イエスキリストの受難と死を記念する日で、
唯一ミサの行われない日。

イタリア語でフンツィオーネと呼ばれる儀式が行われる。
普段のミサでは開始時に鐘をカンカン鳴らすのだが、
この日は木製のラチェット(?)、回すと大きな音がなる楽器(?)で
儀式が始まる。

儀式の最初と最後は音楽もなしで、無言、静寂。
重々しい空気。
イエスの受難の様子を神父と複数の朗読者によって朗読される。

夜にはイエスキリストと聖母マリアの山車が、街中を練り歩く。
c0147214_18081758.jpg
サンタマリア教会の前を山車が通るとき、
合唱団が何曲かうたって、山車を迎える。
私もソリストとして参加した。

毎年のことだが、聖金曜日の夜は、
3月であろうが4月であろうが、とーっても寒い。
この日も風が冷たく、みんな震えながらうたった。
マイクも風のびゅーびゅーする音を拾って、余計に寒々しい。

復活祭前の聖週間の中で、一番のクライマックス。
はっきり言って復活祭自体よりも重要視されているかもしれない。
普段はおちゃらけたシチリア人も、この日は神妙な顔つき。
やっぱりなんだかんだ言って、みんなクリスチャンなのねー。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-04-15 18:14 | シチリアでの生活 | Comments(0)