サン・ジョヴァンニのお祝い

6月24日は聖ジョヴァンニ(聖ヨハネ)の日。
聖ジョヴァンニはイエスキリストを洗礼した人で、
イエスよりも半年前に生まれた、という記述があるので、
6月24日に誕生日と定められた。
(ま、イエスは12月25日に生まれてないんですが(笑)。)

夏至の時期と近いこと、夏の訪れを喜ぶ、ということもあって、
聖ジョヴァンニの日は花火が打ち上がったりして、結構盛り上がる。

私たちも友人に夕食に招待され、みんなでお祝い。
(聖ジョヴァンニはもはや、みんなで集まってワイワイするためのただの言いわけ(笑)。)

c0147214_18323059.jpg
採ったばかりのトマトを切るピエトロ。

c0147214_18323039.jpg
これまた採ったばかりのさくらんぼ。
c0147214_18323078.jpg
さくらんぼも混ぜてマチェドニアも作りました。
c0147214_18401415.jpg
子どもたちが大好きないんげん豆。
c0147214_18401492.jpg
炭焼きしたピーマンとなす。
このあと細かく切って、オリーブオイル、塩で味付けする。
c0147214_18401416.jpg
もちろんサルシッチャも忘れてはいけない。

自家製のワインを飲みながら、ヤイヤイ言いながら食事。
楽しかったけれど、

…やっぱり食べ過ぎだよねえ(笑)。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-06-25 18:42 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

学年末お疲れ様パーティー

6月9日で小学校最終日。
普段から何かと団結力、行動力のある次男のクラスで、
先生も呼んで保護者、子どもたちと一緒にお昼ごはんを楽しもう、ということになった。

9日に終わった小学校だが、成績表がもらえるのは20日、21日。
保護者が学校まで取りに行かないといけない。
成績表を渡すまで何かと忙しい先生のスケジュールと合わせるため、
21日に集まることとなった。

ある男の子のお母さんが、畑にある家をパーティー会場として提供してくれた。
c0147214_17143505.jpg
総勢31人。
これだけの人数でパーティーを開けるってすごいよね。

c0147214_17143620.jpg
前菜にダイスカットしたトマトを乗せたブルスケッタ、
プリモピアットにはラザニア。
あるお母さんが作ってくれた。
31人分…。お疲れ様です…。

c0147214_17143463.jpg
セコンドには肉、肉、肉。サルシッチャも。
大汗をかきながら肉を焼いてくれたお父さん、ありがとう。

c0147214_17143513.jpg
デザートにはスイカ、メロン。
c0147214_17143418.jpg
別のお母さんが作ってくれたケーキ。
2個作って持ってきてくれました。

c0147214_17143573.jpg
先生方は焼き菓子を持参してくれた。

c0147214_17143559.jpg
最後にみんなで記念撮影。
残念ながらクラスの全員が参加できなかったけれど、
とても楽しい一日となった。
子どもたちがとても仲の良いクラスなので、
これからもみんなで楽しい学校生活を送って欲しい。

…それにしてもやっぱり食べ過ぎでしょ…。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-06-24 17:20 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

ある日の昼食

先日、義姉の結婚記念日をみんなでお祝いしようと言うことで、
昼食に招待された。

c0147214_05554153.jpg
義姉の自信作。
トマトソースで味付けしたご飯をナスを揚げ焼きしたもので包んだもの。
シンプルだけど、とても美味しい。

c0147214_05554138.jpg
イワシのオーブン焼き。
これもシンプル。
付け合わせにはズッキーニとじゃがいも。

c0147214_05564260.jpg
シチリアの名物お菓子。
アーモンドの焼き菓子。

みんな美味しく頂きましたが、ちょっと食べ過ぎたー。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-06-24 06:00 | 食事 | Comments(0)  

タスカンテ ワイナリー見学

シチリア島内に5つのワイナリーを持つタスカダルメリータ。
エトナ山麓にあるワイナリーはタスカンテという。
(実は4月から私のダンナがこのワイナリーで働いている。)

タスカンテの全てを任されている友人のドメニコから電話があり、

「今日日本人が来ることになっているんだけど、道に迷ったらしい。
電話でここまでの道を説明してくれるか。」
という。

結局近くまで車を出して迎えに行き、無事に確保(笑)。
男性1人女性1人のカップルで(多分ご夫婦?)
その後、ワイナリーの見学をする予定だったのだが、
男性の方が片言のイタリア語を話されるので、
大丈夫かな?と思いつつ、
せっかくなので、通訳としてご一緒することになった。

昔のブドウ圧搾場、蔵の見学の後、ワインの試飲。
c0147214_02171793.jpg
東京にシチリア料理のレストランを持つという、この男性が

「イケメンですよねー。海老蔵に似てますよねー。」

と絶賛していたドメニコ君。
3種類のワインを用意してくれた。

c0147214_02171832.jpg
1本めはシチリアでは珍しいシャルドネの白、
2本目はカリカンテの白、
3本めはタスカンテの代表ワイン、「イルタスカンテ」赤ワイン。

シャルドネの白は本当に飲みやすくて、ごくごく飲んでしまいそうだが、
アルコール度は約14度で結構高め。
気をつけないと酔っ払いそう。

赤ワインはしっかりした味わい。
美味しく頂きました。

初めてワイナリー見学の通訳をさせて頂きましたが、
ワインに関する知識がほとんどゼロなので、
やっぱりちゃんと勉強しなきゃなー、と痛感いたしました。

レストランが東京にある、ということですが、
関西出身の私はなかなか伺えないかもしれないけれど、
ここでお会いしたのも何かのご縁、
いつの日か再会出来る日を楽しみにしています。



[PR]

# by zenzero1022 | 2017-06-18 02:25 | ワイン | Comments(0)  

サンジョルジョでワイン

ランダッツォにあるレストラン
「サンジョルジョ エ イルドラーゴ」で
オーナーおすすめのワインを頂いた。

c0147214_00034638.jpg
マッセリア セッテポルテ というメーカーで
(恥ずかしながら私は聞いたこともなかったのですが)
結構しっかりした味わいの赤ワイン。

ダンナとオーナーはいきなりがつんとこの赤ワインから行ったのですが、
私は食前酒代わりに白ワインから。
c0147214_00034656.jpg
私のお気に入りのジローラモルッソ。
(あ、白かと思ってたらロゼでした(笑)。)

ダイス状に切ったトマトをパンの上に乗せた、
ブルスケッタを頂きながら、のんびりと優雅に(?)ワインを嗜む。
は~、たまにはいいよね~。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-06-14 00:08 | ワイン | Comments(0)