世界遺産の町 シクリ

海水浴ばかりではもったいないので、
車でシクリまで。

c0147214_15452390.jpg
全く知らなかったのだけれど、世界遺産の町だそうだ。
c0147214_15452378.jpg
町の一番重要な教会、サンイニャーツィオ教会。
c0147214_15452209.jpg
c0147214_15452337.jpg
パイプオルガンがあった。
でもどうやってあそこに入れるんだろう?

c0147214_15452353.jpg
子どもたちの希望で、観光列車(車だけど(笑))に乗車。
一人5ユーロなり。
年齢制限か身長制限かどうかわからないけれど、次男は無料だった。
この切符を見せれば、ラグーサ、モディカの観光列車を割引価格で乗れるらしい。
約30分、街中を走り回り、観光要所を見せてくれる。
結構オススメ。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-08-15 15:57 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

バカンス 2017

いつもはキャンプ場に行ってテントをはるのだが、
今年は海辺の家を借りることにした。
いわゆる「民泊」で、
日本ではいろいろとトラブル、問題があるようだが、
ここシチリアでは割と普通に、
夏の間に海近くの家を日単位、一週間単位で借りることができる。

私たちはシチリア南部のドンナルカータという町で
アパートメントを借りた。

c0147214_15361984.jpg
寝室。
クローゼットや箪笥もある。

c0147214_15361953.jpg
子どもたちの寝室。
下のベッドには引き出しがあって、もう一つのベッドを出すことができる。
エアコンも整備されていて、快適。

c0147214_15361937.jpg
清潔感溢れるシャワールーム。

c0147214_15361904.jpg
キッチンにはオーブン、食洗機もついていて、
一通りの食器、調理道具も揃っている。

1週間で450ユーロ(6万円弱)。
この時期はハイシーズンなので、キャンプ場に行けば、
ヘタすればもっとかかるかも。
キャンプ場にはない快適さがここには全て揃っていて、
一度これを味わってしまうともうキャンプ場には戻れないかも…。

一番助かったのは、洗濯機を自由に使えたこと。
1週間、ストレスなく過ごすことができた。

海へは歩いて5分ほど。
c0147214_15452322.jpg
長男がアフリカの砂漠みたい、と言うほど細かい砂。
海は遠浅で、どんどん歩いて行っても腰までしか届かない。
子どもたちはかなり楽しんだし、
大人はのんびりできたし、
おー、これぞバカンス、という感じ(笑)。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-08-15 15:42 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

シチリアで海水浴

夏はやっぱり海水浴!

でもランダッツォは山の上、標高約800m。
一番近い海まで車で40分ほどかかる。

シチリア島の東海岸、フィウーメフレッド(冷たい川)と言う地名の通り、
真夏でも水がとても冷たく、
浜に石がゴロゴロしている、この海水浴場はあまり好きでない。

と言うのも、1mほど進むともう大人の胸の辺りまで水が届く。
小さい息子たちと遊ぶにはちと不安。

c0147214_17523683.jpg
ということで、私たちはよく北海岸の方へ海水浴に行く。
車で1時間以上かかるけれど、
海は穏やかで、水も温かく、砂浜にはシャワーもある。

c0147214_17523623.jpg
水平線にはエオリア諸島が見え、夕日もキレイ。
家からはちょっと遠いけれど、こっちの方がお気に入り。

先日行った、ファルコーネという町では、
海に大きなアトラクションがあった。
c0147214_17523635.jpg
30分7ユーロ(約900円)、1時間10ユーロ(約1300円)と、
ちょっと値段は高い気がするが、
子どもたちは大喜び。
かなり楽しんだ。
同伴したダンナは後でグロッキー状態になったけれど(笑)。

c0147214_18035190.jpg
夕日を見てから、バールで軽く食事をして、
1時間ちょっとの道のりを帰る。
帰りの車の中では子どもたちは爆睡。

長い夏休みもようやく半分経過。
と言ってもまだあと1か月半あるけどね(笑)。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-08-02 18:01 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

シチリアのハンバーグ

シチリアのハンバーグ、ポルペッテ。

日本のハンバーグと違って、玉ねぎは入れず、
イタリアンパセリやチーズを入れたりする。

先日、りんご入りのポルペッテをご馳走になったが、
やはりいろいろなタイプのポルペッテがある。

その中でもかなりオススメなのが、
レモンの葉っぱで包んだポルペッテ。

c0147214_07274213.jpg
お肉に、ほのかにレモンの香りが移って、なんとも言えない美味しさ。

前に住んでいた家の庭にはレモンの木があって、
よく自分で作ったものだが、
この写真のはお肉屋さんで、成型してあるものを購入したもの。
シンプルだけれど、凝縮されたシチリアを感じられる一品。
これも是非シチリアに来て試してもらいたいなあ。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-07-28 07:30 | Comments(2)  

ワイナリー タスカンテ

ものすごく暑くて何もしたくない、何もできない日が続いたのだが、
今朝は涼しかったので、ものすごく久しぶりに散歩をすることにした。

ダンナが4月から働き始めたワイナリー、タスカンテの敷地内に住んでいるので、
周りはブドウ畑。

c0147214_16471581.jpg
ブドウの木の列の前にはバラが植えてある。
虫が飛んできたときに、ブドウの木ではなく、
香りの強いバラの木に行くように、という昔の人の知恵、
という人もいるが、
単にオーナーの趣味、と言う人もいる(笑)。

c0147214_16471545.jpg
今朝のブドウさん。
大分それらしくなってきましたね。

c0147214_16471554.jpg
奥に見えるのはエトナ山。
白い建物、カンティーナ(蔵)を目指しててくてく歩く。

c0147214_16471651.jpg
カンティーナ到着。
ボトリングのためのビンが山積みになっている。

c0147214_16471577.jpg
カンティーナ側から見たブドウ畑。

風が吹いて涼しいとは言え、30分も歩いたら汗がジワーっと出てきた。
あー、久しぶりに良い散歩でした。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-07-25 16:56 | ワイン | Comments(0)