師も走る12月

毎年この時期はものすごく忙しくて、文字通り走り回ってます。

ボランティアで音楽の授業をしている小学校での
クリスマス発表会の準備は本当に大変で、
最終週は1日に6時間も学校に入り浸り、
本職の先生よりも仕事しましたよ(笑)。

私が音楽の授業のお手伝いをしたのは、
週40時間クラスの1年生から4年生の4クラス。
c0147214_17443406.jpg
1年生。まだ幼稚園の感覚が抜け切れていない感じ。


c0147214_17443454.jpg
2年生。やんちゃな子どもが多くて、一番手が掛かるクラス。


c0147214_17443476.jpg
3年生。私の息子がいるクラス。
自分の息子がいるから、という訳ではないけれど、
一番やりやすいクラス。
すぐに覚えるし、授業態度も優良。

あ、4年生の写真撮るの忘れた。
4年生も、すぐに覚えてくれるし、
年齢も上がって、ちょっと難しいこともできるので
やってておもしろいクラス。


19日に発表会が終わって、気が緩んだのか、
風邪をひいてしまい、唇にはヘルペス出現。
まだまだクリスマスコンサートの本番は残っているのに~。


ランダッツォではここ数日急激に気温が下がり、
氷点下にもなり、雪も降りました。
皆さんも風邪など召されず、健康で、良いお年をお迎えください。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-12-22 17:53 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

こどもたちのぶどう摘み テヌータデッレテッレネーレにて

先日、テヌータ デッレ テッレ ネーレのマルコが、
こどもたちがぶどう摘みを体験できるように、
畑の一部を開放してくれた。

朝からハサミを持ってブドウを摘み、
大きなバケツに入れて、足でフミフミ。
マルコも楽しそうに参加。
c0147214_18551869.jpg
子どもたちを連れて来て参加したフランク・コーネリッセンと乾杯。
c0147214_18551893.jpg
子どもたちのためのワイン作りの日だ、ということで、
この日はレ ヴィニェ ディ エリ、という
マルコの娘のエレナが毎年ラベルを描くワインばかりを頂いた。

c0147214_18551819.jpg
エレナがラベルを描くようになって、今年でちょうど10年。

c0147214_18551717.jpg
最初のラベルはこれ。
エレナが2歳のときの作品(笑)。
いい味出してます。

c0147214_18551769.jpg
c0147214_18551731.jpg
総勢40人くらい?
大いに飲み、食べ、楽しみました。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-10-19 19:01 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

ブドウの収穫 & ワイン作り その2

9月の初め、ピエーディモンテという町でブドウの収穫のお手伝いに行ってきた。

c0147214_17174397.jpg
c0147214_17174374.jpg
ランダッツォよりも標高が低いので、収穫の時期も早め。
ここでは白ブドウしかないので、
収穫後すぐに粉砕圧搾。

c0147214_17174395.jpg
大きなバケツにブドウを入れて、子どもたちが足でフミフミ。

フミフミした後はすぐさま圧搾。
c0147214_17221876.jpg
絞ったブドウジュースはそのままビンに入れる。
c0147214_17221803.jpg
このブドウの収穫の3週間後の昨日、
オリを取り除くため、酸素を取り込むために、ビンの入れ替えをした。

c0147214_17174220.jpg
濾すのではなく、ビンの上澄みを別のビンに移し入れる。

c0147214_17174244.jpg
写真ではわかりにくいけれど、
元のビンの底にはたくさんのオリが。

この作業はもう少し寒くなってから、もう1度行うらしい。
美味しいワインを作るためには、収穫後にもいろいろとケアが必要なのねー。



[PR]

# by zenzero1022 | 2017-10-02 17:26 | シチリアでの生活 | Comments(0)  

ブドウの収穫 & ワイン作り

今年もブドウの収穫の季節がやってきました。

先日友人の畑での収穫に参加。
c0147214_17503374.jpg
パレルモやカターニアからも友人がかけつけた。

c0147214_17503327.jpg
最初に白ブドウだけを摘んでしまい、先に踏み潰してしまった後、
赤いブドウにとりかかる。

c0147214_17503581.jpg
朝に収穫を終え、お昼休み。
みんなお腹ペコペコ。食べまくるぞー。

c0147214_17503584.jpg
腹ごしらえした後は、ギターやリコーダーなどの音楽に合わせながら、
ブドウを足でフミフミ。
大人も子どももみんな楽しそう。

こうやってみんなで楽しく作ったワインが美味しくない訳がない。
今年初めてのワインは11月11日のサンマルティーノの日に試すのが慣習。
後1ヶ月半ほど、楽しみに待ちましょう。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-09-29 17:55 | Comments(0)  

世界遺産の町 シクリ

海水浴ばかりではもったいないので、
車でシクリまで。

c0147214_15452390.jpg
全く知らなかったのだけれど、世界遺産の町だそうだ。
c0147214_15452378.jpg
町の一番重要な教会、サンイニャーツィオ教会。
c0147214_15452209.jpg
c0147214_15452337.jpg
パイプオルガンがあった。
でもどうやってあそこに入れるんだろう?

c0147214_15452353.jpg
子どもたちの希望で、観光列車(車だけど(笑))に乗車。
一人5ユーロなり。
年齢制限か身長制限かどうかわからないけれど、次男は無料だった。
この切符を見せれば、ラグーサ、モディカの観光列車を割引価格で乗れるらしい。
約30分、街中を走り回り、観光要所を見せてくれる。
結構オススメ。

[PR]

# by zenzero1022 | 2017-08-15 15:57 | シチリアでの生活 | Comments(0)